imagesK0OY9CC8



1: 怪談@おーぷん◆DPkOkPvi9o 2015/03/17(火)05:33:47 ID:bCO
書き溜めないから、書くのに少し時間かかるかも?
とりあえずまずは前どっかのスレに書き込んだのから書いてくよー

2: 怪談@おーぷん◆DPkOkPvi9o 2015/03/17(火)05:35:21 ID:bCO
①階段たたら
最近、両親が念願のマイホームを買いまして、そこに住むことになったんです。
普段は両親と弟もいて賑やかな我が家なんですが、たまたまある冬の日、一人になってしまいました。
弟は高校受験でゼミ通い。母親はパートで欠員がでたとかで臨時出社。父親はいつもの仕事です。

しんしんと降る雪を眺めながら、「一人で贅沢に暖房が使える!」なんて喜びました。
しかし、ちょうどお昼をすぎた頃のことです。

バタンッ!

1階のリビングでうつらうつらとしていたら、不意にドアを強く閉める音がしました。
一発で眠気が覚めて、何事かと階段までかけつけます。
上を見あげると、どうも丁度階段正面のドアがしまったようでした。
そこは親の部屋で、確か家には不釣り合いな立派な仏壇がありました。
私と弟は思春期ということもあり、部屋の鍵をしめるようにしていたので、
おそらく両親が閉め忘れたのだろうと思い、階段を上り鍵を締めにいきました。

やはり、登ってみると鍵があいています。
仕方なく、一階からマスターキーをとって外側から閉めました。
それからというものは平穏で、丁度15時ぐらいにドラマの再放送を
つまらなそうに見ていた時です。

バタンッ!

また、あの音です。
嫌な予感がしつつ、階段をのぼっていくと、今度は弟の部屋が開いてます。
たまにはこういうこともあるだろうと、またマスターキーで閉めます。
ついでに今度は私の部屋も、念の為に確認しました。

そして、ヤレヤレと階段をおりていくと――
バタンッ!

叩きつけるような音を立てながら、またどこかの部屋があきました。
そんなはずはないと混乱する頭で振り向きます。
今度は私の部屋が開いているではありませんか!
途端にゾゾッと背筋が凍り、階段を急いでかけおります。

ダンダンダンダンッ!

半ば滑るように降りました。
すると、まるでついてくるように足音がします。

ダンダンダンダンダンダンダンダンダンダンダンダンダンッ!

そして、いきなり目の前のリビングの扉が叩くように閉まりました。
逃げ出したい気持ちで、リビングのドアノブをゆっくりと回すと――

「なんで閉めにこない」

家族の誰のものでもない声が、そっと耳元で聞こえたのです。

3: 名無しさん@おーぷん 2015/03/17(火)05:48:16 ID:8Qv
それでそれで

5: 怪談@おーぷん◆DPkOkPvi9o 2015/03/17(火)05:54:37 ID:bCO
>>3
全体的に短編にしようかなと思ってる。
基本1レス完結型だけどおk?

9: 名無しさん@おーぷん 2015/03/17(火)05:56:56 ID:8Qv
>>5
OKです!

4: 怪談@おーぷん◆DPkOkPvi9o 2015/03/17(火)05:53:27 ID:bCO
②新聞配達
4月から新生活を始めることとなり、最近一足早めにアパートを借りました。
学業とアルバイトの掛け持ちだったし、休日以外はほとんど家にいる予定もないため、
学校近くの格安アパートを借りることにしたのですが……

借りて二週間が経った頃のことです。
決まって朝5:00キッカリに目が覚めてしまうようになりました。
最初は寝つきが悪いだけかとおもっていたのですが、疲れている日でも同じ時間に目が覚める。
連日となると体への負担も大きく、アルバイトの疲れが抜けきりません。
何か他に原因がないのかと、その日はわざと4:30ぐらいに起きていました。

早めに起きても別段変わったところはなく、30分ぐらい経ち「やはり寝つきが悪いだけだったか」と
落胆した頃のことです。

ガタンッ! ガタンッ! ガタタタン!

突然、家の玄関のほうから変な音がします。
まるで何かをぶつけるような音で、異様に部屋中に響いてうるさくてしかたありません。
何事かと急いで玄関に向かうと、別段変わったところはありません。

オンボロアパートだからところどころサビの出ている金属製のドア。
その下側についている郵便受けには、今日の朝刊が入っていました。
「なんだ、郵便配達の人が投げ込んでたからか」なんて安心し、
ついでに新聞を取ろうと郵便受けに手を突っ込んだ時です。

…ッ……ッ

なにやら、音が外から聞こえます。
なんの音だろうと耳をドアに近づけると、不意に郵便受けの投函口から
ヌルりとしわがれた手が出てきて、私の手をつかみました。

そして、多分ドアの向こう側にあるのでしょう。
男とも女ともつかない、不気味な声が確かに聞こえたのです。

「今日は…気づいてくれたんですね…」


それ以来、アパートには帰れずにいます。
後から気づいたのですが、そもそも私はまだ新聞の契約なんてしてなかったんですよね。

11: 怪談@おーぷん◆DPkOkPvi9o 2015/03/17(火)06:17:15 ID:bCO
③隣の芝
最近、都内某所のアパートを借りた者です。
都内にしてはお手ごろ価格で「早いモノ勝ちですよ」の一言に押され、
念願の上京ということもあり即決で借りることになりました。

借り始めてある程度たった日のことです。
近所の犬の鳴き声のせいでいつもより少し早めに起きた私は、
「どうせなら日光でもしっかり浴びたいなー」なんて考えながら、部屋のカーテンを開けました。

「……?」

何気なく、アパートの隣にある管理人の家の庭に目が引き寄せられてたのです。
別段変わった様子もない庭で、田舎なんかではよく見た「ごみ捨て穴」がありました。
ごみ捨て穴というのは、生ゴミだとかを捨てる穴です。
捨てておくと雀やら動物やらが勝手に持って行ってくれるので、私はそう呼んでいました。

しかしながら、なんとなく気になりつつも「まあ、珍しくもないし」とその日は気にしませんでした。
それからというもの、管理人の庭に目が行くとその穴がどうしても気になるようになりました。
はっきりとは言えないけど、なにかが不自然なのです。

ある日、買い物帰りにあまりに気になるので気づかれないように裏手にまわり、
管理人の庭をこっそりみることにしました。

やけに静まり返った庭。ゆっくり大きく空いた穴に近づくと、ぷ~んと耐え難い腐敗臭がしてきます。
それも、果物だとか、野菜のする感じではなく、本当にタンパク質が分解されていくような臭いです。
嫌な予感がしつつ、おそるおそる中を覗くと――

「あら~!○○さんじゃない!どうかしたの?」
「ッ!!」

背後から声をかけられ、慌てて振り向くと管理人の奥さんがいました。
いつものように柔和な笑みをしていて、人懐こそうです。
でも、私はいつものようには答えられず、視線を泳がせてしまいます。

「あっ、えっと……」
「払いに、来たのよね今月の家賃」
「あ、は、はい!」

私は震える手で財布から数枚お札をだし、半ば押し付けるように渡します。
管理人の奥さんは柔和な笑みで受け取り納得してくれました。
一方、私は一刻も早く立ち退きたくてしかたありません。
逃げるようにその場を後にしようとした時です。
後ろから、奥さんの声が聞こえました。

「二度目はないからね」

ゾッとするような、無機質な声に震え私はその場をあとにします。
でも、その間も見たものが頭から離れませんでした。
だって、ごみ捨て穴の中身は、大量の犬の死体だったのですから――

13: 名無しさん@おーぷん 2015/03/17(火)06:21:56 ID:tYb
朝だから怖い話読める!

18: 怪談@おーぷん◆DPkOkPvi9o 2015/03/17(火)06:47:15 ID:bCO
>>13
自分のは子供でも読めるように、比較的怖くないチョイスにしてるよ!
これを機会に有名な怖い話とかも読んでみてね!

>>15
アリシャス!自作だから、今日はとりあえず後1本ぐらいで終わるかも?

14: 怪談@おーぷん◆DPkOkPvi9o 2015/03/17(火)06:23:46 ID:bCO
④実家の障子

夏休みに母方の実家に行ったときのこと。
お盆ということもあり、実家には母親の兄弟が全員揃っていた。
その内、一番私と歳の近いAさんは幼稚園通いの子供を連れてきていた。
幼稚園といえばやんちゃ盛り。
実家は和式の家なんですが、子供は無邪気に障子に穴を開けちゃうんですよね。
今回も例によりやっぱり何個か穴を開けてしまって、おばあちゃんに
怒られて涙を目にいっぱい溜めてました。

そんな様子を微笑ましく見ていたら、丁度盆踊りの日に夏バテがたたってか
私は盆踊りの日に体調を崩し、お留守番することになりました。
だるいものの、なかなか寝付けずに体を右に左にと寝転ばせながら時間を
持て余していると、ふといとこの開けた障子の穴が目につきました。

「?」

盆踊りの音が遠くから聞こえる室内。
全体的に明るいのに障子にできた穴だけが暗くて不思議と目が引き寄せられたんです。
勿論、単なる障子の穴。

見ながら「嫌だなー」なんて思いつつ、目を背けると、頭から布団を被って
その日は寝てしまいました。

次の日、一日寝たら体調も良くなり、さて実家から帰りましょうかとなりました。
そして車にのって後部座席から遠ざかるおばあちゃんの家に向かって手を振ったときです。

ふと、気づいてしまったのです。
私がいたのは客間で、おばあちゃんの家は和式。
客間の前には廊下があって、障子はそちらに面していた。
そして、廊下はあの日、電気がついていたんです。

なのに障子の穴は真っ黒で―――


そう、あれは誰かがこちらを見ていたのです。

15: 名無しさん@おーぷん 2015/03/17(火)06:27:20 ID:bkx
おもしろいよ
しえん

16: 怪談@おーぷん◆DPkOkPvi9o 2015/03/17(火)06:41:22 ID:bCO
⑤隣の部屋

4月が近づき、私の住むオンボロアパートにも近くの大学生や
新社会人たちが入居してくるようになりました。

それは私の隣部屋も同じようで、今まで空室だった両部屋から
賑やかな話し声が聞こえるようになりました。
最近では隣部屋に菓子折りを持ってこない人も多いらしく、
両部屋とも挨拶にもこなかったので人となりは知りませんでしたが、
賑やかな声が聞こえているのだから若い人なんだろうと思いながら
日々過ごしていました。

4月に入ったある日のことです。
その日は右側の部屋がものすごく五月蝿く、正直何度も管理人に
電話をいれようか迷うぐらいでした。
ついにはそれに耐えかねたのか、左部屋のドアがバンッ!とすごい勢いで
閉まる音が聞こえ、その後に私の部屋の前を通り過ぎる足音が聞こえました。

「あぁ、これは直接怒るんだな」と思いながら、自分で言う手間が省けて良かったと
胸をなでおろしていると、ドタンバタンと右側の部屋から音がします。
何事かと壁に耳を当てて聞いてみると、今度は叫び声のようなものまで聞こえてきました。
「喧嘩!?」「殺人!?」なんて混乱しつつも考えていると、不意に音がやみました。
なんとなく嫌な予感がして、部屋の電気を消し隅へと逃げます。
すると、少しあいて足音が聞こえてきました。

コツコツ…コツコツ…

コンコン

「○○さんですかー?隣の部屋の大林です。先ほどは五月蝿くしてすいませんでした」

どうやら、うるさかった右部屋の住人は無事だったようです。
正直殺人事件なんてまっぴらごめんだったので、心底安心した――その時です。
はたと気づき、私は膝を抱えてその場で震えあがりました。

だって――私がいたことを知っていたのは、部屋の前を通った左の住人なのですから。

17: 名無しさん@おーぷん 2015/03/17(火)06:45:16 ID:zCq
おもしろい

19: 怪談@おーぷん◆DPkOkPvi9o 2015/03/17(火)06:50:38 ID:bCO
⑥お風呂の水張

市営住宅やアパートなんかに住んだことある人いる?
これは昔アパートに住んでいた頃の話。
当時、近くで女児失踪事件なんてのが取りざたされてて、
最初はTVで報道なんかもしてたんだけど、2日目あたりから
トンと報道がなくなった。

見つかったのかな?なんて思いながら過ごしてたある日のこと。
バイト帰りに一日の疲れを落とそうと、普段はシャワーだけにするんだけど、
数日ぶりにお風呂にお湯を張ることにしたのね。
勿論、自動で入れてくれる良いのじゃないから、蛇口だけひねって放置。

それでそろそろかなー?なんて思って風呂場にいくと、若干お湯が溢れちゃってた。
「あれ?いつもは違うのに」と思いつつも急いでお湯止めて、お風呂にIN。

久々にポカポカして体が芯からあったまったんだけど。
ふと風呂場の床に目をやると、見覚えのない長い髪の毛。
それも、自分の腰くらいまであるようなのが、とぐろを巻いてる。
たぶんどこかで付けてきちゃったんだろうけど、あんまり気分がいいものでもないし、
すぐにお湯から上がって、髪の毛をゴミ箱にすてた。

それからというもの、お湯を張るたびに髪の毛?みたいなのが浮いてたり、
変なカビ?みたいなのが浮かんでたりする。
流石にこれはおかしいぞってなって、大家に言ってみた。

すると、どうも私以外の部屋からも苦情が出ているらしく、大家も困ってたみたい。
何でも個人の家の水道を調べても問題はないとかで、鉄管の劣化とかじゃないかって。
下水と飲料水の鉄管が隣り合ってて、経年劣化で混ざったんじゃないかと。

結局、大家になんとかして欲しい旨を伝えたその次の日のこと。
確認のためにお湯をはると、やっぱり浮かんでる。
でも、今度はいつもとは違ってプカプカと白い物が。
なんなのかって思ってよくよく見ると「爪」。
自分の小指サイズくらいの爪がプカプカ浮かんでる。

嫌だなーなんて思っていると大家さんから電話があって――


どうも、行方不明の子供が見つかったらしい。
ウチのアパートの上にある貯水タンクの上で、ランドセルを背負ったまま。
どうしてそんな所にいたかはわからないが、とにかく少女はいたらしい。

そう、私たちは少女がいなくなってから見つかるまでの間、
死体の入った水を飲み、死体の水でお風呂を沸かしていたのです。

ただ、一つだけ謎なのは―――その少女、ニュースの写真はおかっぱだったんですよね

21: 怪談@おーぷん◆DPkOkPvi9o 2015/03/17(火)07:05:03 ID:bCO
⑦トイレの小窓
アパートに住んでいた頃の話です。
ふと気付いたのですが、部屋のトイレに入るたびになんだか釈然としない
違和感のようなものを感じていたんです。
こう、いつもと違うというか、なんとなくアレ?みたいな。
気づいてからも何が原因なのか分からず、首をひねりつつ数日つかっていました。
ある日、何気なく出るときに目線を上にやると、トイレの小窓に目が行きました。
小窓は何かの時に開けたのでしょう。鍵もかけてなくて、少し開いてました。

いくらなんでも女の一人暮らしにしては無用心だなーなんて考えながら、
小窓に内側から鍵をかけてしまいます。
トイレを出る時「きっとこれが原因にちがいない!」とひとりごち、その日は
ことなきをえました。

しかし、それからもトイレに入るたび、何か違和感があります。
なんだろう、なんだろうと考えていると、TVでマナーの話をやっていました。

MC「皆さん、気をつけてる時のマナーってありますか?」
タレ「私は、やっぱりコマメな化粧とかですね!彼氏に嫌われたくないし!」
MC「あー、それな。女性ってほんとトイレ多いよなー。男そんな気にしないのに」
ワイワイガヤガヤ

こんなような内容で、「わかるわかる」なんて言いながら、ふと家のトイレのことを
思い出しました。
もちろん、ほんとにちょっとしたことです。自分がマナーとかしっかりできてるのかなー程度の。

でも、気づいてしまったんです。

私は慌ててトイレに駆け込み確認します。
そして、何故か小さく開いている小窓と便座の上がった便器を交互に見て、
家から飛び出して警察に向かいました。

だって、男友達も彼氏もいない私が便座をあげることは、ないのだから――

22: 怪談@おーぷん◆DPkOkPvi9o 2015/03/17(火)07:08:45 ID:bCO
ここまでで、とりあえず以上です。
見てくださった方はありがとうございましたm(_ _)m

以降は感想だとか聞けると嬉しいなって!
素朴な疑問点でもいいです!

23: 名無しさん@おーぷん 2015/03/17(火)07:13:08 ID:mMP
どれも見たことないんだが自作?

24: 怪談@おーぷん◆DPkOkPvi9o 2015/03/17(火)07:14:16 ID:bCO
>>23
今回はそうだよー。
どうせならテンプレよりも変化球がいいかなって。
つまらなかったらゴメンやで?

25: 名無しさん@おーぷん 2015/03/17(火)07:15:33 ID:mMP
>>24
いや、面白かったよ
朝だから怖さ半減しただけで

26: 怪談@おーぷん◆DPkOkPvi9o 2015/03/17(火)07:17:18 ID:bCO
>>25
朝だからねー。
でも、わりと見てくれる人いたみたいで、個人的には嬉しかったです!
夜だとペース早くてゆっくり書けないし!

27: 名無しさん@おーぷん 2015/03/17(火)07:22:49 ID:zCq
最後の1.2行で真相が分かるのがすごいと思います!
ワクワクが止まらない

28: 怪談@おーぷん◆DPkOkPvi9o 2015/03/17(火)07:29:00 ID:bCO
>>27
ホラーって最後のどんでん返しがすごいゾッとくると思ってます。
だから、その辺を意識してみました!
喜んでいただけて嬉しいです!

31: 名無しさん@おーぷん 2015/03/17(火)12:47:05 ID:bf0
面白かった!

32: 怪談@おーぷん◆DPkOkPvi9o 2015/03/17(火)13:10:56 ID:bCO
>>31
アリシャス。
文才ないから読みにくい点もあったと思いますが、見ていただいて嬉しいです

33: 名無しさん@おーぷん 2015/03/17(火)13:15:47 ID:7Iy
面白いよかった!






引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1426538027/